6月1日(土)、こぎん刺しで「さっぽろ八月祭」のオリジナルバッチをつくりませんか?

八月祭WSシリーズ第1弾!

こぎん刺しで「さっぽろ八月祭」のオリジナルバッチをつくりませんか?

 

まちのお祭りさっぽろ八月祭も今年で5回目!

浴衣や法被姿の方や子供たちの参加も多くみられるようになってきました。

そこで、ちょっと粋なオシャレアイテムとして自分だけのオリジナルバッチを作って一歩差をつけませんか?

 

今回はイワハラマリコさんを講師に迎え、こぎん刺しの指導をいただきながら八月祭のロゴマークをひと針ひと針ちくちく刺してバッチを製作します。浴衣や法被などの和装に、そしてカジュアルなTシャツやバックにも似合うこぎん刺しのオリジナルバッチです。

 

日 時|201961日(土)

時 間|13001800頃(※最終入場1600

参加料|1個目1,000円(材料代込み)、2個目からは1500円(材料代)

    ※1個あたりの制作時間 約1時間程度

会 場|コミュニティスペース「コバル計画」

   札幌市中央区北4条西3丁目(旧五番館西武跡地)

問い合わせ|011-211-1503(コバル計画)

 

こぎん刺しとは?

青森に古くから伝わる「こぎん刺し」は、青森県津軽に伝わる刺し子の技法のひとつであり「刺しこぎん」とも呼ばれる。 津軽地方では、野良着の事をこぎんと呼んだためこの名前がついた。 一般に青い麻布に白い木綿糸で刺す。 他の刺し子との違いは、縦の織り目に対して奇数の目を数えて刺すことである。

 

講師|イワハラマリコさん

伝統的な技法「こぎん刺し」で繊細で美しい幾何学模様など、現代の生活にもフィットするアイテムの雑貨を製作しており、ワークショップも数多く行っている。

 

予約方法

こちらの予約フォームにアクセスし、必要事項を記入の上、ご予約ください。

または、お電話でもご予約を承っております。

 

◎第2弾は7/7(日)オリジナル法被づくり!

会場|北3西3 札幌駅前通まちづくり㈱ 会議室

時間|13001800頃まで