札幌駅前通地区の仲通りの魅力を新たに発信する試みです/

201712月、札幌駅前の旧五番舘西武跡の一角にオープンしました。メインストリートと交差する仲通りは、古くから商売をする人や地元で活躍する小さな店舗などが連なり、まちの表情を映し出す地域の象徴ともいえます。札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)の開通を契機として新たな開発が行われ札幌駅前通の賑わいは目覚ましいものがある一方で、仲通りは独自の可能性を秘めています。そこでコバルドオリでは、仲通りの魅力発信のため、地場の事業者や若手の起業家による飲食店舗のほか、都心部において店舗を構えていきたい事業者に向けたチャレンジショップを開設。また、イベント等も実施できるコミュニティースペース コバル計画も開設し、まちを面白くするプレイヤーがつながりあう交流の場として運営していきます。

 

[名前の由来]

コミュニケーションやコワーキングの「co飲食を通じた交流生む「バル」を組み合わせ、新たな通りの文化を創出できるよう位置付けました。

 

場  所 札幌市中央区4条西3丁目1-17(旧五番館西武跡地)

実施主体 |札幌駅前通まちづくり株式会社